このま和歩というマボロシ

このま和歩の情報は弟子を自称する(未だに師匠と呼び続けておられる)計奈恵と比べても極端に少ない。

初期からのシベールのメンバー、作画グループのGROUPに作品を寄せている、まんが画廊出入り、他さまざまな商業出版作品はあるもののどこから来てどこに行ってしまったのか(こちらについては後述)の全貌はわかりにくい。

少なくとも解っているのは
「1975年に作画グループに入会。集会に積極的に参加」という情報。
GROUP4.5(1980年発行)には前後編で「フェアリーバースデー」
konoma_2.jpg
が掲載されている。(余談だが1P目の扉には2P目が合成されていて1P扱いとなっている。なぜこのような形になったかは不明)妖精の卵を飲み込んだ少年、光夢が半獣のフェアリー、アーミーになるお話で、半獣、フェアリーが山ほど出てくる。内容的にはキャラクターがふんわりと活躍する成長譚でキャラクターのかわいらしさを愛でる作品だ。かわいらしさにおいても多様さにおいても初期の獣人描写として優れていて、初めて現われた獣人とはいえないが(同じくまんが画廊に出入りだった牧村ジュンが1978年のなかよし掲載の銀河のプリンセスで「奴隷身分の半獣」を描いている)konoma.jpg

当時の描写と比べても飛び抜けている。

GROUP4のカットでは「●●へ行って悪い子になってやるー!」とコメントがあり
konoma_1.jpg
おそらくシベール参加と同時期の作品であるとおもわれる。この「フェアリーバースデー」を計奈恵も初めて読んだこのま作品とコメントしていた。

アニメーター志願だったという情報も流れているが確証には至っていない。

シベール初期からあるいはフェアリーバースデーでもいえることだが、同人誌における緩い素人らしさがみじんもなく、絵柄も漫画も完成されていることにおどろく。印刷物で表れた時点でプロと遜色ない同人作家であった。
シベールのコメントには「弓月光の絵にそっくり」と言われていた、とあるがその頃の絵は不勉強ながら発掘出来ていない。
FGXYugYVgAAET-m.jpeg
(このコメントを通じて弓月光がこのま作品を読んでおられることも解った。すごい)
同じくシベールのコメントで職業を「楽しいポピーの●●●」と書いており年配のひとなら●●部分の彼の職業が解る。後年積極的にLPなどを中心の商業活動も行うがプロ志願の他、シベール作家とは違いあくまでも本職は「楽しいポピーの●●●」であり、プロ作家という意識ではなかったように思われる。

1980年代初頭まで「公認FC」という文化があった。今でも作家や作品のFCは存在するが当時のFCは公認を取り付けることで作家本人、プロ作家の場合は出版社も巻き込み、お茶会を行い、描き下ろし原稿をせしめ、作家に選ばれたエリートという面構えで活動していた。有効な活動をして優れた書物を遺したFCも多いが我が物顔で活動したFCもあり問題も多かったと聞く。
とりまきになりたい面々において即売会に直接参加しているプロ顔負けの作家であったこのま和歩は格好のターゲットであった。このま和歩公認FC「でんでんすずめ」は「本当はこういうのいやなんですが」という本人のコメントとものに準備号が発行され会員募集も行われた。このま和歩周りの(当時)セミプロ作家も巻き込み、活動を開始するが
dendensuzu00.jpg
FC会誌1号が出た時点で「このま和歩先生の協力が得られなくなった」と言うことで解散してしまう。自称とりまきによる実生活への干渉が遠因のようだが、大昔のことで上記の後期を書いた計奈恵もご本人も記憶が薄いと言うことだった。会誌はキャラクターの解説などに合わせてアップルパイ、リュウなどまでのまだエロ覚醒する前の「このま和歩」リストが完成されている。
ちなみにアップルパイ、リュウともに作画グループ出身の大塚英志の編集であり、作画グループつながりの原稿依頼を行ったのかという確認をしたが、ロリコン大全集などのつながりでの依頼だったようだ。

dendensuzu04.jpg
ポプラ社のアニメ絵本の白雪姫とシンデレラの絵は本当にかわいらしく、こういう方面のお仕事も多くしてくだされば良かったのに...と思ってしまう。

公認FC解散後のこのま和歩作品の方が幾分露出度が高い。計奈恵と共同でくりいむれもんのキャラ設定(及び協力)をおこない、クラッシャージョウの漫画作品もあり、狐ノ間和歩名でレモンピープルにも多くの作品を掲載して単行本も出ている事はご存じの方も多いだろう。この辺りだけでも復刻してもらえないだろうかと確認したがご本人は「古い作品は興味ない」とのことで復刻をよし、と思っていない様子。またずさんな出版社管理で原稿はすべて失われているとのお話しであまりにもがっかりする。同人活動も含めて2000年代後半にはあまりお名前を見なくなった印象。

どこに行って。。。とおもったら実は現在はピクシブで活動中。相変わらず素敵な絵柄です。「楽しいポピーの●●●」もご定年になったと数年前に伺っていますのでぜひにぜひに活動を活発にしていってただ来たいところであります。

スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

mujinabook

Author:mujinabook
本棚から本を引きずり出してひっそり紹介しています。概ね販売物です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR